2013年02月07日

バストの仕組みをよく知りましょう

「バストアップしたい!!」という人は、まずバストについてよく知りましょう。
そして、自分に足りないのはどの部分か、どの部分を補えば、効率的にバストアップできるか、を考えて
バストアップに取り組みましょう。

「乳房」とわれわれが呼んでいるのは「胸の上にある皮下脂肪」のことです。
ただし、広く「バスト」「バストライン」という言葉から連想されるのは、皮下脂肪の部分だけではなく、
その下から乳房を支える「大胸筋」などの筋肉なども含めたものです。

バストの90%は脂肪組織であり、10%は乳腺組織です。
また、バスト(胸)全体の印象は、例えば皮下脂肪だけを増やすと不自然ですし、逆に大胸筋をすごく鍛えた場合にも、乳房の女性らしいラインは生まれません。

また、下に垂れてしまった胸を、エクササイズを行なって「持ち上げる」と、バストのサイズはアップします。

これから「バストアップしたい!!」と考える人は、まず、自分の胸の状態をチェックすることが、とても大事です。

脂肪が少ないタイプ、妊娠・授乳・加齢といった理由で下垂しているタイプ、あるいは姿勢が悪かったり、下着があっていなかったりして、バストラインが美しくない、極端なダイエットをしている、といったタイプまで、人それぞれの悩みがあります。

このように、自分の「バストの悩み」をまず分析することからはじめましょう。



posted by もな at 23:54| Comment(0) | バストアップ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。